包茎手術に向けての基礎知識

包茎は遺伝だったとしても問題なし!心の持ち方でどうとでもなる!

投稿日:

 

包茎は遺伝することはないと言われている

 
「包茎は遺伝するのか?しないのか?」これについて検証しているブログやサイトがたくさん見つけることができます。
 
もちろん、「俺が包茎だったのは遺伝のせいなのかな」「旦那が仮性包茎だから、息子も包茎になってしまうのか不安…」なんて気になっているケースもあるでしょう。
 
ですが、自分が考えてみた感じでは、はっきり言って遺伝するっていうこと自体あまり目を向けても意味がないことだって思うんですよ。だって、自分が包茎だからといってそんなことを親のせいだ!なんて思ったところで何も変わることがないからです。
 
たしかに、自分が包茎だから親になった時に子供の包茎が心配だなって理屈は理解することはできるのですが、そのときは手術をきちんと受けさせてあげたり、トレーニングの方法を教えていってあげれば良いだけのことだと思うんですよね。
 
『包茎は遺伝することはない』とは言われていますが、両親の目が二重だからといって子供が100%二重に生まれてくるわけではありませんよね。顔だって両親とは似ていない場合だってあるはずです。
 

カントン包茎や真性包茎は、遺伝とは別問題

 
チンコの先っちょに出ている皮が狭くて剥くことができない真性包茎や剥いて勃起した時に締め付けられてしまうカントン包茎は、遺伝というよりはもうこれは病気みたいなものって思ってしまったほうが良いかもしれません。
 
 
どうしてかというと、世の中の人を見ていくと「もともと髪が薄くておでこが広い」「身長が低くて、どうやっても背が伸びない」など色んな事で悩んでいる人たちで溢れかえっています。そのなかで、たまたま包皮輪が狭くなってしまっているだけのことなんです。だれも、望んでそうなっているわけではありませんが、これは仕方のないことなのです。
 
 
わたしは、カントン包茎や真性包茎で悩んでいるのならば、いっそのこと手術をしてしまったほうが良いって考えでいます。包皮輪を自分で広げたりする器具なども販売されているのですが、機材代や毎日掛ける時間や労力、悩んでいるだけで無駄になってしまっている時間、これらを考えるのならば思い切って手術をしてしまったほうが早いからです。
 
もちろん、私も手術を受けています。手術に踏み切るまでを思い返すと、本当にムダな時間がたくさんあったと感じています。しかも、長年なやんでできてしまったコンプレックスは、性格などにも影響してしまったのではないかと悔やんでいるくらいです。
 
手術を受けるまでやや見続けたつらい時間はとてつもなく長かったのに、手術は数十分・痛みは1ヶ月程度。さっさと済ませてしまったほうが、なんぼも気が楽です。整形もいっしょ、若いうちにしなきゃ恩恵が受けられる時間が短くなってしまうって考えたら、一刻も早くやってしまいたくなるはずです。
 
 
もちろん当人にとっては「なんで俺だけ…」と言った、モヤモヤした気持ちもあるかもしれません。なんでこんなことにお金を使わなきゃならないんだっていうコトもありますよね。
 
でも、みんなそうなんです。どんなに着飾っているキレイな女子だって、剛毛で悩んでいたりするのがこの世の中。全身の脱毛を行うのに、一般的には30万円以上もの費用がかかっているのです。キレイな子だってそういった努力を隠れてしていたりするのですから、包茎手術をするお金が勿体無いというのはナンセンスな気がしてしまいます。
 
私も包茎だったので、遺伝について考えた時期も確かにありましたが、考えているうちにムダなことで悩んでいるなって気が付きました。逆にこの経験をもとに、自分の子供にはこうしてあげようって、ああしてあげると良いんだなって知ることができたよい機会だったのかもしれないって感じています。
 
 

包茎と遺伝についてまとめてみると

 
私は仮性包茎でしたが、小さい頃から親父に皮をむいたり 洗ったりするようになどと言ったことを注意されることはありませんでした。うちの親父とは仲が悪いわけではなかったのですが、おそらくそういったことを教えるのがなんとなく気まずかったのかもしれません。
 
もし、あなたが成長期の段階(中学生や高校生)ならば、包茎を治していくチャンスはまだ残されているはずです。自分で皮を剥くトレーニングをしたり、剥いて洗うことによって刺激に慣れていくなどしていってください。そうすることによって、ペニスや亀頭が成長する可能性があるからです。身長が伸びる年齢に限界があるように、ペニスが大きくなる成長期もいずれ頭打ちになってしまう時が来ます。
 
もし、皮がたくさん余ってしまい仮性包茎になってしまったとしても、トレーニングをしてペニスがきちんと育ってくれれば、包茎の手術をしたときでも状況が変わってくるでしょう。
 
それまでに、出来る限りのコトをしておくと「失敗したなあ…」と後悔することもなくなるはずです。

-包茎手術に向けての基礎知識
-

Copyright© 【包茎手術 完全ガイド】費用・治療法・クリニック選びまで徹底調査! , 2018 AllRights Reserved.