包茎手術に向けての基礎知識

包茎は切らないで治すのが当たり前!?自分でできるトレーニング法を公開!

投稿日:

 
 
包茎といえば切らなければ治らないイメージもあるかもしれません、包茎=すぐに手術
 
ですが、手術以外でも自分で治す方法がいくつかあるんですよ。自分で包茎を治すということは「切らない」ということになりますよね。
 
もちろん、クリニックでもメスを一切使用しない「切らない治療法」も開発されていますが、まずは自分で脱包茎を目指していくのもアリなのではないでしょうか?
 
こちらのページで紹介する方法をひと通り試して、自分ではムリという結論に達した場合クリニックや医療機関で治療を検討するとよいでしょう。それでは、切らないで治す方法を紹介していきますね。
 
 
 

切らないで自分で治すには、包茎の状態によって対応が変わる

 
包茎の症状によって効果的な治し方が変わってくるので注意。間違った方法を行うと意味のない場合があるので、自分のチンコと照らし合わせて選ぶようにしてください。
 

仮性包茎のケース

 

亀頭のサイズをでかくする・ペニスを今より長くする

これができれば、仮性包茎を治すことができる可能性がグッと高まってきます。仮性包茎は、簡単に剥くことができるのだけど皮がズルムケ状態で固定することができないというケースがほとんどです。
 
ならば、皮をどうにかするよりも竿自体をどうにかしてやろう!という発想になります。余っている皮よりもペニスがデカくなってくれれば、自然と剥けてくれるはずですもんね。
 
ではペニスを大きくする方法はどのようなもがあるのでしょうか?
 
①ペニスの増大サプリメント
②自主トレーニング
③自主治療
 
①増大サプリ
軽度の仮性包茎ならペニスそのものを大きくしてしまえば、ズルムケペニスを手に入れることができるでしょう。サプリメントなので手軽に飲むことができるのがメリット。しかも、医薬品ではないので飲み続けても体に害もなく、副作用もありません。デメリットは、すぐに効果が感じられるわけではなく、ある程度の期間が必要な点でしょう。しかも、確実に効果があるという保証もないのがちょっと不安ですねー。効果が感じられないのに飲み続けていると、意外とコストが掛かってしまうんです。トータルしたらクリニックに通ったほうが良かったなんて後悔してしまうケースもありえますね。
 
しかし上手くいけば包茎も治って、チンコも大きくなってくれるのですから一石二鳥ですよね。
 
②自主トレーニング
こちらは、サプリメントとと併せて行うのが効果的。チンコを物理的にトレーニングしていく方法になります。
 
③自主治療
自力で剥いて固定する
チンコを自分でむいた状態にして、そのまま固定することによって向き癖をつけてしまおうという方法になります。仮性包茎で悩んだ時に、まずこちらから始める方が多のではないでしょうか。
 
絆創膏で固定
もしかしたら、あなたももう試している方法かもしれませんが解説しておきますね。包皮を手繰り寄せて剥けた状態にして、その周りを絆創膏で固定してしまうという方法になります。絆創膏なので皮膚にキチンと張り付いてくれるので剥がれてしまうということもありません。安く簡単に手に入るので試しやすいのではないでしょうか。
 
余っている皮が多いと戻す力が強く、なかなか上手く固定することができないかもしれません。私ももちろん試してみましたが、歯が経ちませんでしたw
 
軽度の仮性包茎なら試してみると向き癖が付く可能性があります。
 
 
包茎リングなどの専門器具
 
アイプチ・包茎用の接着剤で固定
アイプチはまぶた用なので、なんとか使えるのかな?という感覚ですね。まぶたと違いチンコは粘膜の部分があるので、もしかしたらかぶれ等の症状が出てしまう可能性がありますから使用使用するなら自己責任で行いましょう。
 
お風呂あがりなど清潔にした状態で、チンコの余った皮の部分にアイプチを塗りそのまま固定すればOKです。
 
 
 
包茎を自分で治していくのは、「毎日継続して、絶え間ない努力を惜しまない」という点でも筋トレと同じようなものだと感じてしまいます。
 

重度の仮性包茎のケース

重度の仮性包茎=余った皮がとにかく長い・皮膚が厚い、この様なケースが考えられます。実は私もこちらの包茎で悩んでいたのですが、自力で治すのは難しい状況だと考えていました。
 
包皮輪もゆるく固定できない、しかも皮が長すぎて向き癖をつけようにもすぐに戻ってしまうという状態でしたから。
 
こういった重度のの仮性包茎の場合は、切らずに治療する方法は諦めてしまったほうが懸命でしょう。切ってしまったほうが早いですし、あれこれ悩む必要もありません。自分は物理的にムリだわって自分で治すことは諦めました。コストはかかってしまうかもしれませんが、クリニックで切る方法を検討するのがおすすめです。
 

真性包茎のケース

 
真性包茎というのは、「包皮輪が狭く亀頭を出すことができない」「包皮と亀頭の粘膜が癒着していて剥がすことができない」こちらの2つがあります。
 
包皮輪が狭い真性包茎の場合、切らないで治していくためには「包皮輪」を自分で広げていくしかありません。こちらは自分で直していく場合、それなりの努力と忍耐力が必要になるでしょう。皮を伸ばすといっても、すぐに伸ばせるものではありません。毎日少しずつでも広がるよう続けていくことが大切になります。
 
包皮輪を広げるにはどうしたら良いのかというと、もちろん自作で作ってしまう研究熱心な方もいます。洗濯ばさみと綿棒を組み合わせてみたり、モンキーレンチを使っているケースなどもありました。しかし自作で作るのはあまりオススメしません。どうしても衛生面などでトラブルになりやすからです。
 
自作で作るのなら、真性包茎やカントン包茎専用の対策器具も販売されているので、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。こちらの器具は、ステンレス製なので洗って清潔にしておけますし、お風呂の時間でも使用することができます。
 
キトーくんの詳細はこちら>>
 

カントン(嵌頓)包茎のケース

 
カントン包茎の場合も、真性包茎と同じように包皮輪が狭いことによって引き起こされてしまいます。カントン包茎は、無理に剥いてしまうと竿の部分が締め付けられてしまいうっ血状態になってしまうもの。剥く場合には細心の注意を払うべきです。真性包茎と同じように包皮輪を引き伸ばすことを検討してください。
 
もし、器具などを使っても包皮輪を伸ばすことができないのならば、クリニックや泌尿器科などで相談するのが良いでしょう。
 
 
 

切らない治療法を行っているクリニック

クリニックl切らない治療法の内容は

切らない治療法をうけられるのは、基本的に『仮性包茎』のみ。そのなかでも軽度の仮性包茎の場合のケースがほとんどになります。
 
切らない方法は、むけた状態で余っている皮を固定することで剥けた状態にするからです。なので、クリニックでの切らない治療法はあまり利用する方も少なく、あまり知られていないカテゴリーといえるでしょう。
 
切らない治療法は数種類あり、クリニックによって採用されている術式も様々です。代表的なものを紹介していきますね。
 

ナチュラルピーリング法

クリニックで切らない手術と紹介されているほとんどが、こちらの治療法になります。医療用の糸で
 

切らない長茎術

こちらはもともとペニスを長くするための術式になるのですが、ペニスが長くなるぶん余っている包皮が伸ばされることによって仮性包茎まで治ってしまう可能性もあります。ペニスは元々体内に埋まっている部分があるのですが、そちらを引き出すことによってペニスのサイズが3~8センチもアップできるのです。施術前にどれだけ長くできるのか確認できるので、かぶっていた皮が剥けるかも計算できるんですよ。
 
こちらの術式はエーツー美容外科さんが採用している術式になります。
 
エーツー美容外科さんで詳しく見てみる>>
 
 

亀頭増大術

 
亀頭のカリの部分にヒアルロン酸などを注入し、「カリを高く・カリの円周を大きくする」ことによって、戻ろうとする包皮を止めるという方法になります。
 
こちらの方法で包茎が治せる場合、亀頭が大きくなるので見た目も良くなるというメリットがありますが、注入する薬剤によっては期間が経つと体に吸収されてしまうものがあるというのがデメリットになります。亀頭の大きさが戻ってしまい、包茎に戻ってしまう場合もありますよ。
 

接着剤による固定法

 
こちらの方法は、あまり採用しているクリニックはないみたいですね。「包茎で余っている皮を根元の方に引き寄せ、剥けた状態で余った皮を医療用の接着剤で固めてしまう」という方法になります。
 
もちろん、医療用の接着剤なので体に無害ですし、副作用がでてしまう心配もありません。しかし、接着剤ゆえに剥がれていってしまうのがデメリット。これは皮膚も代謝していくので仕方のないことかもしれません。
 
剥がれきる前に向けた状態のクセがついていればそのまま脱包茎となりますが、皮が多い仮性包茎の場合はもとに戻ってしまう可能性が高いですね。
 
 

切らない治療法の費用・相場

切らない包茎治療については、術式によって費用が変わってきます。上記で紹介しているように、簡単にできるものから大掛かりなものまでありますからね。
 
切らない長茎術  150,000円程度
 
亀頭増大術  ヒアルロン酸 一本 100,000~ クリニックによって料金が変わります
 
 

自分の包茎の状態がイマイチつかめていないのなら!

 
包茎の種類は意外と複雑で、「真性包茎だと思っていたら、包皮と亀頭の粘膜が癒着しているだけで、剥がしていくことでキレイにむけた!」なんていうケースもあるようです。
 
実際は自分で色々な情報を調べて手探りで解決したいって考えてしまいがちですよね。やはり友達とは言え、包茎について相談するのは勇気がいることでしょう。しかし、包茎のことばかり考えていて勉強や会社での仕事などに集中できないなんていうのは、人生をムダにしている可能性があります。
 
それならば、思い切ってクリニックのカウンセリングを申し込んでしまうのも良いかもしれません。毎日のモンモンとした想いから開放してくれるはずです。
 
 
もちろん、クリニックでカウンセリングを受けたからと行って、そのクリニックで治療を受けなければならない決まりなんてありませんし、断ったとして気まずかったとしても文句を言われることなんてありません。本当に嫌だったら帰ってしまえばOKです。ボッタクリバーのように、軟禁されるなんてことは起こらないので安心してください。
 

-包茎手術に向けての基礎知識
-

Copyright© 【包茎手術 完全ガイド】費用・治療法・クリニック選びまで徹底調査! , 2018 AllRights Reserved.